スポンサーリンク

コンビニの虫対策はコストが掛かる

夏のカブトムシ

これから夏に向けて、売上が上がるコンビニ経営。

襲いかかる最大の敵は虫です!

虫を店内に入れないため、全国のコンビニでは壮絶な戦いが繰り広げられています。

買い物中に売場や床、商品に虫が付いてるのを見てしまうと、購買意欲が落ちます。

コンビニオーナーさんは虫対策のために高価な蛍光灯に交換したり、防虫剤を購入したり、掃除のためにスタッフの人件費を掛けたりと、コストが掛かります。

今のうちから低コストで済む虫対策を考え、来たる戦いに向け準備しておこうと思います。

虫対策は、「店内に虫を寄せ付けない」「店内の虫を退治する」「店内の虫を掃除する」の3つに分けて考えましょう。

 

店内に虫を寄せ付けないために

店内に虫を寄せ付けないため、考えられる対策といえば‥

入口付近のブランドを下げておく

これは鉄板です。コンビニは24時間明るいので、夏の夜は必ず虫が寄ってきます。

これは仕方ないですが、なるべく店内に侵入してこないよう、入口付近のブラインドを下げておくと良いと思います。

よく、全てのブラインドを下げている店舗を見かけますが、防犯上よろしくないのでお勧めいたしません。

 

入口のドアを閉めておく

当たり前のことですが、入口のドアは閉めましょう。自動ドアならまだしも、風除室のように手動ドアがある場合、必ず閉めましょう。

 

風除室に蚊取り線香やハッカオイル

風除室のある店舗では、蚊取り線香を焚きましょう。だいぶ虫の侵入率が軽減します。

ある程度お金に余裕がある店舗では、ハッカオイルをドアレールに垂らしておくのも効果的です。

 

店内の虫を退治する

店内の虫を退治する方法といえば‥

ハエ取りリボン

ハエ取りリボンはご存知ですか?昔は実家でよく見かけました。

ちょっと大きめですが、こんなのです。

ハエ取り

ブンブンブン♪ハエが飛ぶ♪ブンブン‥

イライラしますね。

24時間ハエを追いかけているわけにもいかないので、お客様の目が入らない場所にハエ取りリボンを設置しましょう。

 

虫取りあみやハエ叩き

虫取り網

ハエ退治に即効性といえば、ハエ叩き。大きい蛾などを捕まえるためには虫取り網。

なるべくお客様の見えないところで退治しましょう。

 

店内の虫を掃除する

イートインスペースやデザートケース、毎日のように虫の死骸が溜まっていくと思います。

店内の虫を掃除し続けるために‥

 

ノズル付き小型掃除機

コードレスのノズル付き小型掃除機が特におすすめです!

自由のきくノズル付きというのがポイントで、ノズルがないと不便すぎて結局使わないと思います。

オープンケースやデザートケース等、売場全般に使えますので、是非買ってみてください!

私の店には全店舗導入しており、夏の必需品となってます。

 

お掃除ロボット

掃除ロボット

本部も世の中的にも絶対NGでしょうが、いつか店内にお掃除ロボットを走らせたいと思います。

お客様の安全面を考えれば設置は難しいのでしょうが、是非実現したい!24時間営業じゃなくなったら閉店中にでも走らせようと思います。

 

コンビニの虫退治のまとめ

いかがでしたでしょうか。お金を掛けない虫対策の参考になれば幸いです。

虫対策は、「店内に虫を寄せ付けない」「店内の虫を退治する」「店内の虫を掃除する」の3点がポイントです。

他色々と思いついたらこちらの記事も更新して参ります。

日本のコンビニ経営に改革を!

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事