スポンサーリンク

コンビニ会計と一般会計との違いは粗利益の違い?

世の中多くの業種が使用する一般会計とは、

売上 - 売上原価 = 粗利益

この粗利益に契約毎のチャージ率を掛けて本部にチャージを支払う計算方法が一般会計です。

コンビニ会計の場合、粗利益が以下の式になります。

売上 - (売上原価 - 廃棄額の原価 - 棚卸し増減の原価) = 粗利益

何が違うのか分かりづらいですよね。

私も加盟当初は意味が分かっていませんでした。

売れた分の原価にかぎり原価換算するため、廃棄額や棚卸し減の金額が膨れる程、本部に支払うチャージが増えるということです。

つまり、本部に支払うチャージは、一般会計<コンビニ会計になります。

なぜコンビニ会計を採用しているの?

個人的な見解ですが、コンビニで一般会計を採用すると、加盟店毎になんでもありの仕組みが成立してしまいます。

コンビニのFC契約は独立採算制なので、加盟店の裁量でいくらでも廃棄は出せます。

棚不足も容易に操作できますので、コンビニ会計の仕組みはオーナーの不正防止になっているのかもしれません。

個々の加盟店毎にチャージ金額を公平に支払ってもらう仕組みです。

理由があってコンビニ会計を採用しているのです。

コンビニ会計から脱するのは不可能だと考えて、儲け方を考えなくてはいけません。

利益を出すための重要な考え方

毎月コンビニ会計で出てくる店舗の損益計算書。

あれ?これしかお金残らないの?って思う方が多いと思います。

コンビニ会計で加盟店に残るお金は、冒頭で説明した粗利益から、各契約種別毎の割合で本部にチャージ、フィー、ロイヤルティー(以後チャージ)を引かれます。

結果、残った加盟店側の営業利益から、人件費や廃棄額の原価、水道光熱費や他諸経費を支払った結果の残金が、お金が加盟店の手元に残ります。

数ヶ月に一度発生する棚不足も、加盟店負担です。

色々と支払った後に残ったお金が利益になるため、出るお金の経費コントロールが非常に重要になってきます。

利益を出すためには、入るお金を増やし出るお金を減らすことが重要です。

利益を出すための具体的手段

コンビニ会計で利益を出すため、私が重視している鉄則は以下になります。

【入るお金を増やす】

  1. 売上を上げる

【出るお金を減らす】

  1. 売上原価を抑える
  2. 廃棄額の原価を抑える
  3. 棚卸減を抑える
  4. 人件費を抑える
  5. 水道光熱費や他諸経費を抑える

抑えるばかりに見えますが、極論、加盟店側でコントロールしやすいということです。

売上は、立地や駐車場の有無、周辺環境にもよりますし、何か施策を実行したところで、今日明日急激に伸びるわけではありません。

まずは前述した出るお金を減らす5つの項目に焦点を絞って、今のお店で更に抑えられる部分を探してみましょう。

その次に、売上を毎日1円でも上げていく方法を考えてみましょう。

コンビニ経営で利益を出すためのまとめ

冒頭でご説明したように、コンビニ会計でのFC契約は私達が何をしても変えられるものではありません。

現状の契約内容の土俵で、利益を出すための最善策を突き詰める必要があります。

重要なポイントなので最後にもう一度。

まずは以下項目で抑えらえるだけ抑えましょう。(売上が極端に低下しない程度に。)

  1. 売上原価を抑える
  2. 廃棄額の原価を抑える
  3. 棚卸減を抑える
  4. 人件費を抑える
  5. 水道光熱費や他諸経費を抑える

その後、売上を上げる方法を考え実行しましょう。

日本のコンビニ経営に改革を!

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事